Bad Bad Paradise
注意!!! (Notice!!!)
この小説原文の著作権は、Zabuza2006様にあります。
原文の著作者からちゃんと承諾して翻訳化をしています。
一部、不適切な所もありますが、ご了承ください。


「わかる奴!?」と、ナルトは、サクラとサスケに急いで行きながら、大声で言いました。

「あなたがドーピングするのは、何ですか?」はナルトを見るサスケに尋ねました。

「私が盗んだものに見えてください!」はそれらを見せるナルトを言って、カカシの本は「Make Out パラダイス」です。

「存在しない、そのカカシ先生の本?」 サクラは神経質に尋ねました。

「うん、それは確実にあります!」 大きい微笑を微笑んで示しながら言われたナルト。 ナルトは本を1ページ開き読みます。

ナルトの肩越しにサクラとサスケが読んでて…。

「なんだこれは!」 「えぇぇぇぇぇぇっ!」と、ナルト、サスケ、およびサクラは一斉に大声で言いました。

カカシはそれらの後ろで忍び寄って、彼は怒った顔をしてました。

サクラ、ナルト、およびサスケはカカシを見上げて、見ます。 彼らは金切り声を出します、そして、正面玄関を使い果たして、遠くでの本を投げる走行がダウンします。

カカシが笑って、本を拾うのを「それは民族のものを放っておくためにそれらを見せるでしょう。」 壁にもたれて、カカシは本を開いて、それを読みます。
~The End~
back
inserted by FC2 system