Sasuke's Dare Part 1
注意!!! (Notice!!!)
この小説原文の著作権は、Seiko様にあります。
原文の著作者からちゃんと承諾して翻訳化をしています。
一部、不適切な所もありますが、ご了承ください。


ブロンド髪の少年は、「ほら、サスケ!」と叫びました。 彼はオンに彼の前面、オレンジのジャンプスーツ、およびズボンの上のヘッドバンドを持っていました。

「何…。」 言われた少年は応じます。 彼の前面の濃紺を着る、半ズボン、アームバックル、および彼のヘッドバンドはブロンドの髪少年が好きです。 彼の髪は黒いです。

「やってみろよ。」 ブロンドの髪少年を敢行しました。

「私を敢行してください…?何をするかために?」 サスケは尋ねました。

「トイレに行ってください、そして、走行水栓を開けてください、そして、すべてのトイレを洗い流してください、そして、ライトを閉じてください、そして、鏡の中を見てください、そして、言ってください…。」
少年は止まりました。

「ブラディメリー…。やかましいところの3回!」と彼は続けました。

サスケは彼の右眼まゆを上げました。

「トリックがこのある種がありますか?」 サスケは不思議に思いました。

「ありません。」ブロンドの髪少年はにやりと笑いました。

「すみません。」 「ナルトを関心がありません。」だった サスケはナルトの逆方向、少年のオレンジのジャンプスーツ/ブロンドの髪に入り始めました。

「あーっ!」はナルトを勝利しました。

およそ10秒まだ答えがありません…。しかし、ナルト。他方では。いくつかのカチカチする音を彼のスリーブに手に入れてください。

「SCARDYな猫!」 サスケが聞くように、ナルトは彼の肺の上で叫びました。

サスケは止まりました。2つの単語が反映したとき、彼のものは聞きます…。

「あなたは何を言いましたか?」 サスケは尋ねました。 確実にして、それは侮辱ではあり
ません。

「SCARDYな猫! あなたは聴覚障害ですか?!!」 ナルトは再び叫びました。

サスケはそれを知っていました。 それは侮辱でした。 サスケは気が狂いました。 彼の顔は赤い状態で紅潮していました、そして、彼の目は見ることでした、そして、気が狂った蒸気の煙は酔って来ました。

そして、鳴門は再び彼を侮辱しました。
「弱虫!」 次に、彼は、手羽先のように彼の腕で雌鶏の鳴き声とカールを始めて、それをflappsします。 「サスケは弱虫です!」

次に、サスケは十分聞きました…。

「その通りだ! 私は愚かな挑戦をするつもりです! SSSHHHEEEESSSHHH!」

ナルトは、侮辱を止めて、にやにや笑いを外に出しました。
「今夜の真夜中に今夜、浴室でそれをしてください! 俺の上で眠りに行くつもりです!??いいよな!!??」

サスケは止まりました…。上で…眠る? ナルト?私の家で…?サスケは思いました。

「または、俺が皆に言うつもりである、あなた、本当の忍者でない!」 ナルトは加えました。

サスケはため息をつきました。
back
inserted by FC2 system