Itachi's Life
注意!!! (Notice!!!)
この小説原文の著作権は、Zabuza2006様にあります。
原文の著作者からちゃんと承諾して翻訳化をしています。
一部、不適切な所もありますが、ご了承ください。


イタチが森林を通って歩いていた間、Squrrelは彼の肩までジャンプしました。 それがサスケであったと思って、彼は地面でSqurrelにおいてThewにそれを見ました。 彼はすばやくクナイを引き抜きます、そして、「死ね、サスケ!」リスを突き刺して、それを殺して、イタチは叫びました。

翌日、彼は、雲を調べながら、戸外へ出て、草の上でlayedしました。 彼は、「神に似ていた雲を見ました。 私はなぜいつもサスケの表面を見ますか?」彼は、彼の家に立ち上がって、戻って、彼の後ろでドアをバタンと閉めました。 彼は、彼の部屋に行って、シャワーを浴びて、寝つきました。 その夜、彼は彼を笑うサスケを夢にみました。 「あぁぁぁぁぁっ!」とすぐに大声で言うところでイタチは目覚めました。 彼は、立ち上がって、ジャケットを身につけました。サスケがテレビを見ながらThjeコーチの上に座っているのを見ながら、彼は、サスケの家に行って、中に入りました。

イタチを見る「あなたは何が欲しいですか?」をサスケは変えました。

「私の人生を出るようにただ言いたいと思います!」イタチはドアを走ります。

サスケは微笑んで、ウインクしました。
~The End~
back
inserted by FC2 system