Sasuke's Pimple Problem
注意!!! (Notice!!!)
この小説原文の著作権は、RAMENROCKS様にあります。
原文の著作者からちゃんと承諾して翻訳化をしています。
一部、不適切な所もありますが、ご了承ください。


木の葉として知られている村に、ロック・リーという少年がいました。
彼は特に、物理的な戦闘で熟練した働く困難な忍者でした。
彼があまりに一生懸命働いている理由は彼が夢を達成したがっているからです。

リーは、「いつかpokemonマスターになる!」と彼のガイ先生のある夏の日を言いました。

「君は最初のpokemonを手に入れにカカ V教授の研究室に行くのが必要であるのが君の行くことだ。」と、ガイはリーに言いました。

リーは、カカ V教授の研究室に行くために彼の旅行を始めました。彼は3分でそこに到着しました。

「カカ V教授!」

「はい。」 摩耗したおかしい白衣を着た男が答えました。

「pokemonが欲しいんだ!」

「こちらへ。」

カカ Vはマスターボールをリーに向かって投げました。そして、この変な生物は出て来ました。

「デジモンではなく、ポケモンが欲しいんだ!」とリーは叫びました。

「えーっ。ともに小さいモンスターがそれらでないか?」

「いいポイントだ。」とリーを言いました。

そして、したがって、チャンピオンUnfortuantly chojiを食べるホットドッグになるように彼の探索に始められたリーは彼のライバルでした。

「あなたはpokemonマスターでなく決してない。」ナルトがある日、リーに言いました。

「あんたは何によってそれを考えますか?」リーは返答しました。

「あなたの採草を挽いて、前の芝生であり、あなたは、まさしく白にはいて、オタクです!」
~The End~
back
inserted by FC2 system