Sasuke's Pimple Problem
注意!!! (Notice!!!)
この小説原文の著作権は、Zabuza2006様にあります。
原文の著作者からちゃんと承諾して翻訳化をしています。
一部、不適切な所もありますが、ご了承ください。


「あなたは何を見ていますか?」 サスケはナルトの彼の目で目立つ憎しみを尋ねました。

ナルトは「何でもないってばよ…。」と無邪気に言いました。「まさしくあなたの額の上のあなたの巨大 "zit"ってばよ!」とナルトは笑い始めます。

「何ですか?吹き出物!」と、サスケは、鏡に急いで行きながら、大声で言いました。「ああ!それは巨大です!」 サスケは彼の肺の上で叫びました。

ナルトは、サスケの吹き出物を見つめて、笑い続けました。 非常に一生懸命笑ったので、彼は、笑いながら、彼のいすから落ちて、いっぱいに踏むのを回転させました。

サスケは彼のポケットのざんごうを掘って、1瓶のもみ消しを引き抜きます。 彼は、以前より悪く見えさせながら、ボトルを開けて、吹き出物をいくつか置きます。 「ああ!働いていません!」 サスケはカバーのボトルを吐きます、そして、それはカカシの頭(彼の髪と鉢巻き全体にわたってこぼれることへのカバー)を打ちます。

カカシは彼の本からサスケを見上げて、サスケの吹き出物を見ます。 彼は、微笑んで、穏やかに笑い始めます。

サスケはカカシとナルトの両方を見ます。 サスケは、ナルトが彼を笑う床にいるのがわかります。 「私であなたを笑うことをやめなさい!」 サスケはナルトで怒りに叫びました。

「いいえ。」私はそうすることができません…。「それはおかし過ぎるってばよ!」 5つの笑い毎の間で喘いで、大笑
いして、ナルトは言いました。

「んっっっっっっ…。」 サスケはすばやくクナイを引き抜いて、鳴門でそれを指します。「笑うのを止めてください!または、私はあなたを殺すつもりです!」

ナルトは彼の手で彼の笑いを消音しようとします。

「それはそれです!」サスケは叫びました。 彼はクナイを鳴門の頭に投げます。

ナルトはすばやく道から引っ越します。 「ほら!それは公正ではないってばよ!」

カカシはナルトとサスケを見ます。

「私がこのものを取り除くのを助けてくれますか?」と、サスケは言います。

「それをちょっと飛び出させてくれってばよ!」と微笑んで、「それは私がすることだってばよ。」と、ナルトは言いました。

「すばらしいです。」サスケは鏡に変わって、吹き出物を飛び出させようとし始めます。 5分が通り過ぎた後に、吹き出物は最終的に飛び出します、そして、脂ぎっている液体はわかっていなくなります。 彼の額からの液体を拭いて、サスケは微笑んで、ペーパータオルを手に入れます。
~The End~
back
inserted by FC2 system